ぎっくり腰

 

30代男性
ずっとしゃがみこんでいた状態から、立ち上がったときに腰をピキッとしてしまい、ぎっくり腰のような症状となる
立ち上がるとき、腰を前にも後ろにも曲げるのが辛い
かばうために、体がくの字に曲がっている

 

このような患者さんが来院しました。

 

 

何でもよいので治療してください。ということで、迷い無く鍼治療です。

 

まずは、いつも通りの秘密の場所。
ちょっと刺激的ですが、効果は間違いなくあります。

 

でも、この患者さんは座っているのが辛い方。
最初立った状態で治療です。

 

腕の治療の後、状態は改善しましたが、腰の症状は残っているとのこと。

 

 

横になってもらい、腰部をほぐし整体。

 

治療後、立ってもらうと、腰もまっすぐ伸びて、くの字ではなくなっています。
曲げるときはまだ少し痛みが残るとのこと。

 

ただ、来院したときよりは大分良いとのことですので、初回はこれで治療終了としました。

 

 

 

治療2回目。

 

2日後再来院。

 

少し腰の痛みがあるが、治療院に入ってきたときもスムーズで、違和感無く座ることもできるようです。
状態を聞くと、「大分良いです。ほんの少し残ってます」とのこと。

 

今回は鍼治療は必要なしと判断し、電気治療とほぐしのみ。

 

治療後、違和感ゼロ。

 

 

治療終了となりました。

 

 

ぎっくり腰は適応症であれば、早期に回復できます。早期の治療をお勧めいたします。

TOPへ