座っていられないお尻の痛み 便意がわからない

 

70代女性
以前投稿しました、交通事故の後遺症で苦しんでいる方の症例です。
腰〜両足にかけての坐骨神経痛のような症状です。

 

 

針治療を週1回続けてきた結果、かなり回復してきました。

 

 

先ず、治療前は座っていることができなかった症状ですが、これはほぼ解消。
車に乗っていても気にならないそうです。

 

足の重さ、しびれなどは、左足は症状なし。
右のおしり辺りに、少し残存。

 

便意がわからない症状も、少しづつ自覚できるようになってきた。
回数も以前は1日5回とか行っていたのが、今は1〜2回のときも増えているようです。

 

 

 

10年間も病院に通ってほとんど改善しなかった症状が、当院のたった10回の針治療で大幅に改善したので、患者さんからは大変ありがたい言葉をいただきました。

 

今後は、右のお尻の痛みと、便意をもっと自覚できるようになるように集中して治療していきます。

 

 

針治療は、一般的に痛いとか怪しいといった負のイメージがありますが、効果的な時は本当に良く効いてくれます。
こちらがびっくりするぐらい効いてくれるときもあります。

 

これからも、本当に困っている方を少しでも助けられるように頑張っていきます!

TOPへ