無保険の交通事故2

 

さて、この前の続きですが。

 

任意保険に入っていない車にぶつけられた場合、向こう側に窓口となってくれる会社が無いので、当事者としてはかなり焦ると思います。

 

現在はネット時代なので、検索すれば対処法は載っています。ので、ここでは簡単に書きます。

 

 

さて、無保険の車にぶつけられて、物損は相手方に請求することは前に書きました。それで揉めることも多数ということも。

 

今回は、例えばムチ打ちになってしまったらどうするのか??ってことです。

 

 

この場合、自分が車を運転する方で、自分の任意保険の会社に電話すると対応してくれるときがあります。
これはめんどくさくなく楽なやり方で、保険会社を信用して任せてしまう方も多いです。

 

ですが私はお勧めしません。

 

 

ちょっとめんどくさいですが、『被害者請求』をお勧めします。

 

『被害者請求』とは、ぶつけられた方が『自賠責機構』に請求することを言います。
実は、そういうことができます。
何も、保険会社に全て任せっきりでなくとも医療費の請求はできるのです。

 

被害者の方が車を持っていなくて、自分の任意保険にも入っていない。。。
そういう場合でもまったく問題なく請求できます。

 

 

合計、120万までできます。

 

 

なぜに保険会社に任せない方がよいかというと、幾つか問題があるのでお勧めしません。

 

色々と経験した感じですと、全体的に被害者の方の利益にならないので、お勧めしていません。
つまり、この無保険の事故の場合、保険会社にまかせっきりだと多くの場合確実に損をします。

 

ぶつけられた方は何も悪くありませんよね??
私は被害者が救済されるべきと思っています。

 

 

文だけで説明するには、ちょっと量も多くなり複雑ですので、もしお困りの方で直接相談に見えた方には説明いたします。

 

 

とにかく、医療的には『被害者請求』ができるということを忘れないようにしてください。

 

TOPへ