ぎっくり腰の症例

 

40代男性
2日前ぐらいから、ぎっくり腰様の腰痛。
1年に2回ぐらいなる。
いつもは放置して、シップとか貼って治るまでガマンする。

 

 

という患者さん。

 

 

鍼治療に興味があるということで来院されました。

 

聞けば、『一年に2回ぐらいぎっくり腰みたくなるが、昔は整骨院に行ったこともある。でも、正直あんまり効果を感じたことはない。通わせようとする意図がミエミエなので、行く気がなくなった』ということでした。
今回もいつもと同じ感じとのこと。

 

詳しく問診して、触診。

 

 

鍼治療がご希望でしたが、『少しほぐしてから判断します』と言って、腰をほぐしてみました。
当院では、最初軽くほぐすことが多いです。
なぜかというと、それだけで良くなる人は結構いるからです。

 

でも、テキトーなほぐしでは回復しません。当たり前ですが。
ポイントを押さえなくちゃ、効果無しです。

 

 

約10分後、立ち上がって確認してもらうと、『楽になりました!!』ということでしたので、症状の残っている場所を確認して、再度のほぐし。
その後、電気治療。

 

 

治療終了後、ほとんど症状は消えてしまいました。

 

『今回は症状が楽になっているので、これで終了です。もし、症状が戻るようなら、そのときは鍼治療を追加しましょう!』と、説明しました。
もちろん、患者さんにも納得していただきました。

 

 

当院は即効性を大事にしています。
お困りの際は、ご相談ください。

TOPへ