四十肩、五十肩

 

80代女性
家で転んで以来、肩が挙げずらい。
肩の前のほうが痛い。
病院での検査はしてない。

 

 

さて、80代の方で四十肩・五十肩とあるのか、、、というと、それは正確にはちょっと違います。

 

高齢の方で、五十肩のような症状がある場合は、肩の腱が切れている場合があるので注意が必要です。

 

この患者さんは、触診と動きを見る限り腱は切れていないようですので、治療しました。
切れている場合は、手術を含めた検討が必要です。

 

 

今回は、鍼治療は行わず、ほぐしのみで完治した例です。

 

ほぐす際に、ちょっと特殊な道具を使います。
『道具??』と思う方もいるかもしれませんが、指だけのほぐしよりも道具を併用したほうが効率がよいこともあるのです。

 

ほぐし業界では、指や手によるほぐしが一番良い!!!というような、ある種の迷信がありますが、そんなことはありません。

 

 

実際この方も、1回目から効果が出て、2回でほぼ症状が消失しました。
再発が怖いということで現在も治療を続けていますが、今のところ大丈夫のようです。

 

 

 

五十肩は治療が難しく、当院でもあまり即効性がない方も正直おられます。。
多くは、腱に傷害がある場合です。
そういった場合、継続的な治療が必要になります。回数も必要となります。

 

 

 

 

 

TOPへ