坐骨神経痛の症例

 

70代女性
10年以上前の交通事故から、両足の症状が出始めて足がとにかく痛いし重い。
仙台で有名な整形外科には何箇所も行ったが効果なし。
ペインクリニックも効果なし。
整骨院もダメ。
長時間座っていられない。
肛門の症状も出てしまい、毎日困っている。
お医者さんからは、末梢神経が傷ついたから治らないみたいなことを言われた。

 

 

という患者さん。
話を聞くと、まあ、とても大変な症状のようです。
毎日が憂鬱だということ。

 

病院の検査は一通り全身おこなっているので、変な病気が隠れていることはなさそうです。

 

 

触診してみると、腰〜おしりにかけて、圧痛がひどい状態。
とにかくこれを改善しないとダメと判断しました。

 

 

ということで、鍼治療。
局所と全身の反応を丁寧に治療しました。
パルス通電も併用です。

 

 

1回目の治療後、右足がすごく軽くなった!!と喜んでいただけました。

 

現在まで4回治療。

 

少し長く座れるようになり、今までのようなお尻の痛みも少なくなっているようです。
また、両足の痛くだるい感じも、大分改善してきました。(もちろん完治ではないですが・・・)
さらに、指の腱鞘炎もあるので、それも併用で治療。

 

 

今までで一番楽だ〜〜〜とのことです。
病院の治療はまったく効かなかったそうですので。。。
『痛い、痛い』言っていたら、『本当にそんなに痛いの?』と疑われたこともあったようです。
精神科に行った方が良いみたいなことも言われ、本当に困っていたが、少し希望が見えてきたとのこと。

 

 

この調子でいけば、さらに改善しそうです。

 

10年以上固まっていたものですが、早くも結果が出始めているので、この調子でいきたいものです。
1歩1歩です。

 

 

このように、10年以上痛くとも変化が出る場合があります。
お困りの方は、ご相談ください。

TOPへ