慢性腰痛と坐骨神経痛の症例

 

50代男性
右腰が5年以上痛く、右のおしりにも神経痛らしい症状あり。
地元の整骨院や整形外科に何箇所も通院するが、ほぼ効果なし。

 

このような患者さん。

 

仙台市以外からの来院でした。

 

 

もう鍼を打つ覚悟で来たようですので、迷い無く打つ感じです。

 

色々反応をみて、腕に打ってみましたが、少し良い感じがするぐらい。
ということで、局所治療に変更です。

 

 

治療後、痛みは残っているが、結構楽かもしれないとなりました。
5年以上もあった症状ですから、1回で完治なんてことはありえません。

 

 

2回目。2週間後来院。
前回の治療後良かったが、少し前からまた気になりだす。

 

前回の治療を踏まえ、今回はガッツリ行かせていただきました。(前回は鍼治療にも慣れていない感じでしたので)

 

結果として、『メチャクチャ楽』とのこと。

 

 

約3週間後、3回目。
前回のはすごく良くて、大分持ったとのこと。
朝方は気になるが、仕事中はほぼ気にならないレベルまで回復してきた。と、喜んでいただきました。

 

今日は、加えて肩なども痛いということ。前回と同じ治療に肩の治療も追加です。

 

 

5年も痛かった症状ですが、たった2回の治療でかなり楽な状態まで持っていくことができました。
ただ、完治にはなっていません。
長く痛かった症状には、もちろん長い治療期間がかかります。

 

 

当面の目標は、1ヶ月に1回の治療でもつようになることです。
1ヶ月に1回程度の治療でもつようになれば、患者さんの体・精神・金銭的負担も大分軽減します。

 

なんとか期待に応えられるようにがんばりたいと思います。

TOPへ