ぎっくり腰の症例 8

 

60代女性
3日ぐらい前から腰がおかしくなる
治ると思っていたが、さっぱり良くならない

 

 

当院にたまに来院する患者さんです。
多くが腰の症状。
この方は最初、整形外科では骨が変形しているからどうにもできないと言われ、薬とシップしか渡されないので、嫌気がさして当院に来院した方です。

 

 

1回目の治療は普通に電気をかけて、筋肉のほぐし。

 

3日後再来院。
あまり変わらずということ。

 

 

そこで、躊躇なく針治療をすることに。

 

 

ポイントを探して、針を打って確認。
大分よろしいということで、そのまま少し置いておきます。
途中で確認しながら進めましたが、最終的にはまったく問題ない状態まで回復。

 

ここで2回目の治療を終了です。

 

これで終了となりました。
この方は、針に反応が良いので、いつもこんな形です。

 

 

骨が変形しているのは正直治せませんが、それに伴う痛みのコントロールはできる場合が多いです。
お困りの方はご相談ください。

 

 

 

 

 

 

TOPへ